就職活動

就活でみんしゅうを使う3つのメリット・2つのデメリット

投稿日:

この記事は、「就活でみんしゅうを使うメリットやデメリットを知りたい」「みんしゅうにはどんな活用方法があるか知りたい」という人向けに書かれています。

みんしゅうって匿名性が高くて、信用できるのかわからないですよね。

私は、かつて新卒で会社を探している時に、みんしゅうを使って情報収集をしていたこともありました。

社会人経験を4年してから見る、みんしゅうの使い方について解説していきます。みんしゅうを就活で使うという方は必見です。

みん就(みんしゅう)とは

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3-%E5%8B%9F%E9%9B%86-2776600/#content

新卒で就職を希望する人向けに、情報が発信されている口コミサイトです。投稿者はすべて匿名で企業の面接情報や内定を獲得した先輩たちの志望動機が記載されています。

企業が明かしたくない情報や、実際に面接を受けた人の生の情報が記載されているので、就活生にとっても非常に有益な情報も載っています。

しかし、匿名の口コミによる情報が多数あるため、情報をすべてうのみにしてはいけません

みんしゅうは、楽天が運営しており、運営元の信頼があるからと言って、情報提供者はあくまで「匿名」であることに注意が必要です。

就活でみんしゅうを使うメリット

就活でみんしゅうを使うメリットは、以下の3つが挙げられます。

  1. 企業の採用流れが見れる
  2. 面接で聞かれたことやグループディスカッションの過去問が見られる
  3. 内定者の志望動機が見られる

どのようなルートで採用されたのか、面接で聞かれた内容、グループディスカッションの議題、などにまつわる情報が、みんしゅうに蓄積されているのです。

また、実際に内定を獲得した先輩が志望動機を書いてくれているので、志望動機を作る参考にできます。

就活でみんしゅうを使うメリット1【内定までの流れがわかる】

就活でみんしゅうを使うメリットの1つ目は、「採用の流れが見られる」点です。みんしゅうには、内定をもらった人がどういったルートで採用されたのかを書いてくれています。

たとえば、ESとSPI通過→グループディスカッション→面接→最終面接といったように、具体的な採用の流れについて書き込みがあります。

「インターンシップでどんな事が行われたのか」について記載もあるので、インターンシップに参加できなかった人にとって貴重な情報が提供されています。

私が受けた某大手携帯キャリアの会社では、インターンシップの採用面接の内容がそのまま新卒採用の問題として出されたので、グループディスカッションや面接のときに慌てずに対応できました。

就活でみんしゅうを使うメリット2【面接内容を知れる】

就活でみんしゅうを使うメリットの2つ目は、「面接で聞かれたことやグループディスカッションの過去問が見られる」点です。

面接で質問された内容や、グループディスカッションの議題についての投稿があります。質問内容やグループディスカッションの情報をあらかじめ知っておくと、採用に向けて準備ができますよね。

企業側も、毎年同じ問題を出す可能性は低いのですが、出題傾向がわかるだけでも、見る価値はあります。

就活でみんしゅうを使うメリット3【志望動機をサクサク書ける】

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%81%BF-%E4%BA%BA-%E6%9B%B8%E9%A1%9E-%E7%B4%99-828911/

就活でみんしゅうを使うメリットの3つ目は、「内定者の志望動機が見られる」ところです。

みんしゅうでは、実際に内定を獲得した人達が「志望動機」を投稿してくれています。志望動機の中には「志望動機で使えるいいフレーズ」や「事業内容を簡略化した言い回し」などが記載されています。

志望動機の作成をする際には、参考にしてもいいかもしれません。しかし、完全コピーはしてはいけません。

なぜなら、あなたと先輩の志望動機は一緒であるはずではないためです。

就活でみんしゅうを使うデメリット

就活でみんしゅうを使うデメリットは、以下の2つが挙げられます。

  1. 間違った情報が大量にある
  2. 誰でも閲覧と書き込みができる

匿名性が高く「誰が書いたかわからない情報」がみんしゅうに、あふれかえっています。

誰が書いたかわからない情報の中には、良い情報がある反面、嘘や悪意のある情報があります。

みんしゅうを使う際には、情報を見極める能力は必ず必要になってくるでしょう。

就活でみんしゅうを使うデメリット1【情報の海でおぼれる】

就活でみんしゅうを使うデメリットの1つ目は、「間違った情報が大量にある」点です。

匿名性が高く、口コミの情報だらけなので、正しい情報がある一方、間違った情報も存在しています。

また、他の就活生を煽るために、悪意を持った就活生の書き込みなどもあるので注意が必要です。

煽られたことをきっかけに、けんかが起こり、個人情報が流出した事件もあります。煽っている情報を見かけたら基本無視で大丈夫です。

就活でみんしゅうを使うデメリット2【就活生以外も入れる】

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E4%BA%BA-849804/#content

就活でみんしゅうを使うデメリットの2つ目は「誰でも閲覧と書き込みができる」点です。

楽天のアカウントを持っていれば、誰でもみんしゅうを閲覧、書き込みできてしまいます。もし、あなたが投稿しているなら、投稿内容には十分気を付けましょう。

実際、私が企業コンサルとして働いていた時、「採用担当にみんしゅうを見ているか」と聞くと「その年の就活生の傾向が見れるので重宝する」と答えてくれました。

誰が見ているかわからないので、軽はずみな書き込みや誠意を欠いた書き込みはやめておきましょう。

みんしゅうの情報を上手に使う方法【話半分で情報を得る】

みんしゅうの情報を上手に使うためには、「話半分で情報を得る」が大切です。

みんしゅうに投稿されている内容は、あくまでも匿名性が高く信憑性が低いものばかりです。すべての情報をうのみにしないようにしましょう。

自分で見たり、体験したりした「一次情報」が最も大切です。みんしゅうの情報だけにとらわれず、インターンシップやOB・OG訪問など実際に行動して情報を得ていきましょう。

まとめ

  • みんしゅうを使う3つのメリット
  1. 企業の採用流れが見れる
  2. 面接で聞かれたことやグループディスカッションの過去問が見られる
  3. 内定者の志望動機が見られる
  • みんしゅうを使うデメリット
  1. 間違った情報が大量にある
  2. 誰でも閲覧と書き込みができる

みんしゅうの情報を上手に使うには、情報を正しく読み取る能力が必要になります。みんしゅうの書き込み内容は、匿名性が高く信憑性が低いことを前提に情報収集しましょう。

みんしゅうの情報を上手に活用して、あなたの就活が成功することを祈っています。

-就職活動

Copyright© ショウゴブログ , 2020 All Rights Reserved.