病気 福祉用具

【介護に関わる方ご存知ですか】ひざ関節、股関節変形症と適切な福祉用具とは

更新日:

/

ひざ関節、股関節変形症の症状にあう福祉用具が知りたい

福祉用具欲しいんだけど、どこに相談したらいいの?

\

この記事を読むと以下の事がズバッと解決できます

「ひざ関節、股関節変形症ってなに?どんな症状があるの?」

「ひざ関節、股関節変形症の方に合う福祉用具を知りたい」

「福祉用具欲しいけど、どこに相談したらいいんだろう」

 

 

この記事を書いている私は、福祉用具の貸与事業所で3年間働き、福祉用具を実際に使って試し性能を把握したり、医学書で症状を調べたりした上で毎年500名のお年寄りの方に対して提案していました。

住環境コーディネーター2級の資格も有していますので、住みやすい環境をご提案できます。



ひざ関節、股関節変形症の方を介護する上で必要な福祉用具とは

ひざ関節、股関節変形症の原因と症状、治療法

福祉用具の選ぶためには、病気の症状や原因を知ると利用者様にとって使い勝手のいい福祉用具を選ぶことが出来ます。

症状によって、使える福祉用具や使ってはいけない福祉用具があるからです。

変形関節症の原因

変形性関節症は、関節の変形などが原因で炎症や痛みが起こる病気です。

変形性膝関節症の原因は、激しい運動や加齢とともに

関節と関節がぶつからないようにするためのクッションの役割を

持つ軟骨のすり減りや、筋力の低下などにより関節への負担が

増加し、それが引き金となって関節炎や関節痛引き起こしてしまいます。

悪化してくると、関節の変形などの症状が出てきます。

45歳以下では男性に多く、55歳以上では女性に多くみられます。

65歳以上では男性58%、女性67%という比率です。

常染色体性伴性遺伝があり、女子には男子の10倍多くみられるといった特徴があります。

 

変形関節症の症状

変形性ひざ関節症

初期には歩き始めや立ち上がりするときなどの動作開始時に痛みがあります。

進行すると動作中の痛みが出てきます。

階段の上り下り、特に下る時や平地歩行に支障が出てきます。

ひざの曲げ伸ばしが制限され、正座やあぐらが難しくなります。

滑膜の炎症や増えることにより、滑膜炎がおこると

ひざに水が溜まる関節水腫になり、腫れや圧迫感を感じます。

関節軟骨や半月板の変形やすり減りが進むと

関節を動かした時に痛みをともない異音がでることがあります。

太ももの筋肉である「大腿四頭筋や大腿屈曲筋群」の筋力低下や

関節面の骨破壊が進むと、関節の不安定感を訴えます。

日本人では、関節の内側の変形が強いためO脚になります。

最終的には、人工関節手術を行います。

変形性股関節症

初期には歩き始めや立ち上がりの際に軽い痛みを感じる程度で

歩いていると特に感じなくなります。

進行すると動作中や歩行時に痛みが強く、関節の動きが悪くなり

正座やあぐら、和式トイレ、靴下の脱ぎはき、足の爪切りなどが難しくなります。

じっとしている時も痛みが出てきます。

筋力低下によって間欠はこうが出るようになります。

間欠はこうとは?

歩くうちに症状が強くなり、足が前に出せず、動けなくなります。

しゃがんで少し休むと症状が軽くなってまた歩けるようになります。

最終的には人工関節手術を行います。

変形関節症の治療法

初期には、炎症を抑える薬や痛み止めの薬、しっぷなどで症状がおさまります。

ひざでは大腿四頭筋の筋力強化が有効です。

股関節では横になり足を上に挙げる訓練をすると効果的です。

関節内ヒアルロン酸などの関節保護剤の注入も有効です。

ひざでは装具療法も有効です。

痛みや変形が強い場合はひざや股関節では骨切り術や人工関節の手術適応となります。

 

ひざ関節、股関節変形症の症状における留意点

症状における留意点を知っておくと、福祉用具を快適に選び、使えます。

また、日常生活においても快適に過ごせるきっかけとなります。

・人工関節手術後は脱臼の危険性があるので注意しましょう。

・人工関節を入れている人は、関節がどこまで動くのか範囲を確認しましょう。

・減量を心がけ関節への負荷を軽減しましょう。

起き上がりの動作を支援する福祉用具とは

手すり

特に関節の痛みや関節の動く範囲に制限のない初期の場合

布団でなくベッドで過ごされている方は手すりの設置をおすすめします。

特に手すりの形に制限はありません。

ご使用になられる方の使いやすい形状や住宅の環境によって

据え置き型か突っ張り型かを選択しましょう。

ベッド

関節の痛み関節の動く範囲に制限が出た時や布団で過ごされている方は

2モーターのベッドの導入をおすすめします。

背上げ機能で関節の動く範囲が制限されている場合の起き上がり動作を支援します。

高さ調節機能で、立ち上がりの際の股関節への負担軽減となります。

立ち上がりを支援する福祉用具とは

床からの立ち上がり

座椅子式のリフトをおすすめします。

床からの立ち上がり動作によるひざ関節、股関節への負担軽減になります。

トイレでのたちあがり

プッシュアップで立ち上がることのできるものがよいです。

体重を支えられるので、ひざや股関節への負担を軽減します。

便器からの立ち座りの負担の軽減になります。

【矢崎化工】トイレ用 たちあっぷ CKJ-02

価格:65,700円
(2019/8/20 10:47時点)

移動を支援する福祉用具とは

段差や階段

玄関のあがりかまち用の手すりをおすすめします。

段差の上り下りが楽になります。

少し高価ですが、移動用リフトを使うのも安全に段差や階段をのぼる方法です。

【送料無料(沖縄・北海道、一部地域を除く)】 あがりかまち用たちあっぷ CKE-02 片手すりステップ台付 ベッド手すり/転倒予防/手摺/補助手すり/介護用手すり

価格:69,000円
(2019/8/10 13:42時点)

 

段差解消機 アルコー3000型 B

価格:213,840円
(2019/8/20 10:56時点)

歩行

術後すぐで体格が大きくひざ関節への負担が大きい方には

歩行補助杖で、松葉杖をおすすめします。

他には馬蹄型の歩行器もおすすめできます。

症状に合わせて、残存機能や身体能力、関節可動域に合わせて歩行器は選びましょう。

長距離移動

標準型や電動タイプを含む車いすがおすすめです。

座った際にひざの曲がり方には注意しましょう。

 

介護で福祉用具が必要になったら相談する場所とは

福祉用具販売業者へ相談

福祉用具取り扱い業者の方に直接相談されるとよいでしょう。

介護用品専門店 カスタマ



全国対応可能な業者さんです。

組み立て業者が訪問してくれて、ベッドの組み立てなどを行ってくれます

2階への設置も可能です

配送は3日から4日ぐらいでご自宅までお届けされます。

 

ダスキンヘルスケアレント

全国に支店がありそこからのお届けになります

モップで有名な業者さんです

こちらも在庫状況によって、配送にかかる日時が変わります

3日から4日ぐらいだと思います。

 

ヤマシタコーポレーション

福祉用具業界最大手の業者さんです

関東、中部、近畿エリアに支店を持つ業者さんです。

お近くに支店があるようでしたら、問い合わせいただくといいと思います。

 

市町村の介護保険に関わる窓口か地域包括支援センターへ相談

役所へ相談

各市町村にある介護に関する相談窓口があるので

そちらに相談するといいです。

お近くの地域包括支援センターや福祉用具の業者さん、介護施設について

情報がもらえるかもしれません。

※市町村によって、対応が異なる場合があります。

そのため、上記の情報をもらえない可能性もあります。

地域包括支援センターへ相談

お住いの地域には、地域包括支援センターという機関があります。

介護のプロである主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師がいる機関です。

住み慣れた地域で、医療・介護・予防・住まい・生活支援サービスが

切れ目なく提供される体制づくりを目的として作られた組織です。

サービス内容

・介護予防ケアマネジメント

要支援1,2の方、介護が必要となるおそれがある方に対し

介護予防サービスのケアプラン作成や効果の評価等を支援してくれます。

・総合相談支援

高齢者やご家族からの介護に関する相談

その方にふさわしいサービスや制度の案内等を支援してくれます。

・権利擁護

虐待の防止・早期発見や成年後見制度の紹介等を行ってくれます。

・包括的、継続的ケアマネジメント支援

高齢者のみなさまが住みやすい地域にするために

病院や福祉施設、福祉のサービスの事業者など様々な機関との連携

ケアマネジャーのサポート等を行います。

ひざ関節の変形症や股関節の変形症は比較的知られている病気だと思います。

適切な福祉用具を選んでいただき、快適に生活をしていただけたらと思います。

相談する窓口は、福祉用具の取り扱い店か介護保険窓口もしくは地域包括支援センターへ相談しましょう。



 

 

-病気, 福祉用具

Copyright© ショウゴブログ , 2019 All Rights Reserved.